新着記事
おすすめ記事

マンション管理人の僕は、上司から異動を命じられ、異動したくないと渋ってしまった。それを見たオーナーが「残らせてあげてもいいけど、条件がある」と。未亡人となってからオーガズムに達していないオーナーの相手をし、満足をさせればいい、というのが条件。未亡人の名器に何度も逝くが、絶倫の僕はまだまだ元気!最後は一緒に逝きながら中だし!【エロ漫画】

マンションの人妻からセックスアタックをされている僕。異動を命じられてもやもやしている所に、未亡人のオーナーが「10年間オーガズムに達していない私を満足させれば、残ってもいい」と条件を出してきた。全身全霊をもって逝かせる、と意気込んだものの、名器の前に3回も逝ってしまう!未亡人が余裕を見せるが、絶倫の僕のチンポはその名器を徐々に解していき、最後は2人そろって逝くことができた!

157
2015.08.23更新



















157

コメントを残す

▲ ページ先頭へ